トレーニング理論

トレーニング理論トレーニング理論

トレーニング理論についての考察。有名選手の練習考察なども載せていきます!

トレーニング理論

マラソンにおける筋トレ(レジスタンストレーニング)の必要性

マラソンや5000mなどの長距離種目において、筋力トレーニング(レジスタンス)は必要なのでしょうか。また、持久性パフォーマンスを向上させるためには、「低負荷高回数」か「高負荷低回数」のどちらが有効なのでしょうか。
トレーニング理論

坂道ダッシュが長距離種目のトレーニングに効果的である理由

坂道ダッシュが長距離種目のトレーニングに重要である理由を考えます。代謝的観点、骨格的(筋肉)観点、ランニングエコノミーに着目し、考察していきます。フルマラソンランナーでも是非取り入れたいトレーニングの内の一つです。
トップ選手練習考察

【ヤコブ・インゲブリクトセン】東京オリンピック1500m覇者に学ぶ中長距離の閾値トレーニング

2020年東京オリンピックで優勝したヤコブインゲブリクトセンのトレーニング内容を紹介。年中通して閾値(LT値)トレーニングを重要視したものとなっており、800m以上の中長距離種目での記録向上を目指すうえで重要な考え方を示していきます。
トレーニング理論

中長距離に有効な閾値トレーニング考察。閾値を改善できるのはLT走だけではない。

中長距離でも閾値改善が重要であることを示しつつ、閾値改善のためのトレーニング内容について考察します。閾値を改善する具体的トレーニングメニューも紹介します。LT走だけが閾値改善に効果的なメニューであるわけではありません。
トレーニング理論

マラソントレーニングの強度配分を最適化し持久力を向上させる【80:20の法則】

マラソントレーニングの強度配分を最適化し、持久力を効率よく向上させる方法について考察していきます。過去のアスリートに対する調査の結果、低強度と高強度のトレーニング比率は80:20が適切だと言われています。
トレーニング理論

【CVインターバルトレーニング】遅いペースのインターバルでも効果がある理由

最近市民ランナーの中でも人気が出てきているCVインターバルトレーニング。練習公開している吉田選手のメニューにも取り入れられています。インターバルトレーニングとしては比較的遅いペースではありますが、なぜ、それでも効果が得られるのかを解説します。
トレーニング理論

【ヤッソ800(インターバル走)】練習法の紹介とトレーニング効果を考察

市民ランナーの間で人気があるヤッソ800について、その練習法の紹介と生理学的な観点からのトレーニング効果考察をします。私自身が実際にヤッソ800を行った体験を踏まえながら、ヤッソ800特有のメリット等も紹介していきます。
トレーニング理論

【マラソンペースでのトレーニング効果と練習法】生理学とトレーニング原則から考察する

マラソンペースでのトレーニングについて、その効果と練習方法を、生理学やトレーニングの原則から考察していきます。ダニエルズのランニングフォーミュラや、レナートカノーヴァ(カノーバシステム)を参考にしています。
トレーニング理論

【レペティショントレーニングとは?】生理学的に期待される効果と練習例の紹介

マラソンにおけるレペティショントレーニングはどんな効果が期待できるのでしょうか。ダニエルズのランニングフォーミュラに載っている効果を、生理学的な観点から考察、根本から説明していきます。
トレーニング理論

【インターバルトレーニング】効率よく最大酸素摂取量・LT値を向上させる練習論

インターバルトレーニングの効果を最大限にし、最大酸素摂取量・LTを改善するための方法をダニエルズ理論・論文をもとに考察していきます。CVペース(HRmax90%)まで効果が出ることが論文でも示されています。
タイトルとURLをコピーしました