運動生理学とマラソントレーニング

運動生理学とマラソントレーニング運動生理学
トレーニングを運動生理学から理解することで、根拠を持った練習ができるように心がけています。皆さんの一助になれば幸いです。
トレーニング理論

マラソンにおける筋トレ(レジスタンストレーニング)の必要性

マラソンや5000mなどの長距離種目において、筋力トレーニング(レジスタンス)は必要なのでしょうか。また、持久性パフォーマンスを向上させるためには、「低負荷高回数」か「高負荷低回数」のどちらが有効なのでしょうか。
運動生理学

トレーニング強度を管理することのススメ。心拍ベルト(ハートレートセンサー)の導入

ヤコブインゲブリクトセンのトレーニング内容を参考に、強度を徹底的に管理するため、Garmin(ガーミン)の心拍ベルト(ハートレートセンサー)を導入しました。かなり良い効果を得られており、是非おすすめです。
運動生理学

マラソン・ランニングにおける休養の影響。パフォーマンスはどのくらい低下する?

マラソンやランニングトレーニングにおいて故障してしまった際に、トレーニングを中断しなければなりませんが、その影響がどのくらいの期間でどの程度あるのかを調査しました。
運動生理学

【マラソンにおけるスプリントトレーニングの重要性】速筋繊維と遅筋繊維両方に働きかけるべき理由

マラソンにおいて、ウィンドスプリントやヒルトレーニング(坂ダッシュ)などのスプリントトレーニングは、広く認知されており、取り入れられています。その効果を、体の生理学的機能の面に着目し、考察しています。
運動生理学

【長距離種目(マラソン・5000m等)での適正体重】トップランナーの体重一覧・適切な減量方法を考える

【長距離種目(マラソン・5000m等)での適正体重】トップランナーの体重一覧・適切な減量方法を考える。2020年から2021年にかけて、国内主要大会上位入賞者の身長・体重・BMI指数を調査。減量におけるリスクも考え、最適な体重と方法提案します。
運動生理学

【マラソン・5000mでのテーパリング(=調整・ピーキング)戦略】トレーニング効果を最大限引き出す方法

【マラソン・5000mでのテーパリング(=ピーキング、調整)戦略】トレーニング効果を最大限引き出す調整方法を紹介していきます。テーパリングでは、【トレーニング量/強度・テーパリング期間】が重要!
運動生理学

【脂肪の代謝経路】を理解 脂質を優先的に使うように改善する

フルマラソンにおいては、いかに「脂肪をつかえるか」が重要です。できるだけ筋グリコーゲンを節約しながらハイペースでランニングを継続することができれば、フルマラソンでの記録向上が狙えます。その「脂肪代謝」について勉強し、マラソンへの適応を考えてみました。
運動生理学

【マラソン30kmの壁】その正体を理解し克服する方法

マラソンでは【30kmに壁がある】と言われますが、具体的に「壁」とはどのような現象を指すのか、生理学的に説明していきます。そのうえで、30キロの壁を克服する方法、トレーニングを提案します!
運動生理学

【乳酸はエネルギーの原料】ランニング中に発生した乳酸の代謝メカニズム

「乳酸はエネルギーを作り出す原料」であり、決して「疲労物質」ではありません。乳酸の代謝経路(=エネルギーとしてどのように利用されるのか)を理解することによって、マラソントレーニング各種目の目的を深く理解することができる可能性があります。
運動生理学

【マラソンにおけるミトコンドリアの重要性】トレーニングにより増やす方法と機能向上

【マラソンでのミトコンドリアの重要性】トレーニングにより増やす方法と機能向上について考えていきます。マラソンの記録向上に重要だと言われているミトコンドリアについて私自身も勉強しました。原理から理解し、普段のトレーニング効果を高めましょう。
タイトルとURLをコピーしました