【ランニングを科学する】目標記録への到達。本ブログの存在意義。

 はじめまして。管理人のsyu_hibiです。

 この【ランニングを科学する】ブログでは、客観的な根拠に基づく練習理論を自分自身で実践しながら、記録向上を目指し、目標記録へ到達する、その過程を共有していきます。

 他にも、マラソン界において基本となっているランニングトレーニング理論から、有名選手の取り組み方、また、トレーニングを充実させるためのランニングギヤ紹介等もしていきたいと考えています。

 読者の方に有益な情報を共有できるよう、正確な情報を心掛けます世の中で最も信頼できる情報は、自分自身の体験だと考えています。様々な情報に溢れている中、正しい取り組みを積み重ねて、マラソン記録向上を目指していきます。

 意識していることは、目標記録へ最速で効率よく到達することです。様々な考え方、理論から自分に合った方法論を取捨選択し、実践していきたいと思っています。

 まず本記事では、管理人自身を知って頂くため、自分自身のこと、これまでの運動歴や記録の変遷、ブログの目指す先と存在意義を記していきます。

広告

■自己紹介

 某メーカーにて技術系の業務に携わっている普通の会社員です。定時の業務時間は8:30~17:15です。妻子がおり、正社員共働きで多忙な日々を過ごしているため、自分の趣味のために、好きなように時間を使うことは難しい状況です。

 ランニングのトレーニングは基本早朝の起床直後に行っており、家族が起きる前に走り始め、走り終えます

 学生時代、スポーツをたくさんやってきたので基礎体力はある方ですが、陸上長距離に関しては素人同然です。そんな中、社会人数年目にして理論に基づく練習を継続することで記録が向上していく体験をしてしまい、本格的にランニングへ取り組みを始めました

 限られた時間の中、いかに効率よく記録を伸ばし続けることができるかに挑戦していくことを決めました。

■参考としている基本理論「ダニエルズ理論」と「リディアード理論」

 本格的にランニングへの取り組みを始めるようになったきっかけは、「ダニエルズのランニングフォーミュラ」に基づくトレーニングを行ったことで、みるみる自己ベストを更新できたことです。「世の中には、こんな明確な理論があるのか!」と驚きました。

 また、青山学院大学の原監督が採用している理論である「リディアード理論」とも出会いました

 世の中多くの有名マラソン指導者がいますが、どの方のトレーニングメニューや計画を見ても、その元となる理論は、「ダニエルズ理論」と「リディアード理論」です。市民ランナーの方で自己ベストをどんどん伸ばしていきたいと思っている方は、是非一度は読んでおくべき内容だと考えています。

■小学生~中学生:初めてマラソン大会に出る。

 小学1年生の時からサッカークラブに所属していました。体型は相当に太っていて、クラブでもミスプレー連発で怒られっぱなし。小学4年生の時、あるコーチから「痩せろ!」と初めて言われたことがきっかけで、秋から正月にかけて3キロの減量。身長が伸びつつ体重が減ったものだから、年明けの健康診断では呼び出しをされた覚えがあります。

 小学6年生の時、どういう経緯か覚えていないですが、5kmのマラソン大会に出場し、20分36秒で走りました。これが、初めてマラソン大会出場です。

 中学3年生の時は砂の運動場で1500mを5分から5分30秒の間くらいで走っていました。同じ学年では速い方ではありましたが、中学陸上部の方からすれば遅いと思います。

 高校生になってもサッカーを続けていました。高校では体育で持久走がなかったので、どのくらいの速さで走れていたかはわかりません。サッカー部の練習は厳しく、走り込みの練習も多くあったのでスタミナはついていたと思います。

■大学生:陸上競技を開始。怪我で挫折を味わう。

 大学では陸上部(体育会)に所属しました。種目は走り幅跳びです。中学生の時、走り幅跳びが得意だったことを覚えていて、なんとなく出来る気がした、という単純な理由で走り幅跳びを選びました。

 大学2年生秋までは順調に記録が伸びていき、県選手権に出場できそうなレベルまで到達(6m79cm)しました。

 しかし、2年生の冬季練習にて座骨とハムストリングスをつなぐ腱の炎症が悪化してしまい、そこから思うように練習ができなくなってしまってから記録が伸びず、そのまま卒業となってしまいました。

 中学3年生の頃に初めて発症させて以降、高校でのサッカー、大学での陸上と、どちらにも影響を与えてしまった怪我です。この時、「練習のやりすぎによる怪我」を理解し、「怪我無く練習を継続することの大切さ」を学びました。

 2013年9月に陸上を引退してから、残りの大学生活は研究室がありましたが、並行してやれることはないか?と考え、たどり着いたのが「ランニング」でした。この時が、私自身のランニングトレーニングの始まりです

 研究室は月から金まで9:00~18:00のコアタイム制だったので、研究室に行く前や帰宅後に練習しました。2013年12月に出場したハーフマラソン大会では1時間25分39秒、2014年1月に出場した10kmの大会では37分24秒でした。

 今振り返ってみると、2~3か月の練習で割と速く走れていたな、と思います。

 練習方法はというと、ただがむしゃらに走っているだけでした。基本は10km前後のランニング。同じコースを毎回走っていましたが、ペースは適当です。どのくらいの頻度で走っていたかも覚えていませんが、大体2日に1回程度の頻度だったと記憶しています。

■社会人 1年目~3年目

 社会人になってからも1年目はランニングを継続していました。本当はフットサルをやりたいと思っていましたが、三交代実習で勤務時間が不規則だったためフットサルは断念しました。

 ランニングの練習内容は、ペース設定なども深く考えずにジョギングやインターバル走を行っていました。社会人1年目冬2015年1月の勝田マラソンで10kmを走った結果が37分16秒

 1年前の10kmよりも少し速くなっていましたが、練習している量の割には伸びが少なく、この時点でランニングを止めてしまったことを覚えています

■社会人 4年目(2017年)~7年目(2021年)

 ランニングを止めてしまってからは、筋力トレーニングに励みました。もともと、筋トレが趣味の一環でした。

 勤務体系や勤務地の変更もあり、2017年からは念願の社会人フットサルチームに所属し県リーグでプレー。ただ、2018年1月に結婚し、ライフスタイルの変化によってフットサル活動を継続することが困難になったためフットサルは1年程度でやめてしまいました。

 2018年1月に職場近くでマラソン大会が開催されました。職場からの補助で出場できたため、参加してみることにしました。

 フットサルをある程度やっていたので、ある程度体力はありました。しかし、違う部署の人に結構速い人がいて、マラソン大会(8km)で負けてしまいました

 始めの1kmしかついていくことができませんでした。記録が8kmで33分19秒。小学6年生の時よりも遅かったのです。自分自身の衰えに対しても、負けたことに対しても悔しさを感じました。一年後の2019年1月にも同じマラソン大会が開催されるので、絶対に勝ちたいと思いました。

 それから約10か月後、2018年12月から本格的にランニングの練習を開始しました。その結果、2019年1月の大会では1年前に負けた人に勝つことができました。記録は30分32秒(8km)「2か月弱の練習でここまで速くなるのか」と驚きました。それからランニングにのめりこみました。

 社会人1年目の時とは違い、練習内容も設定ペースも基本的にはダニエルズのランニングフォーミュラに基づき計画2019年4月にはハーフマラソンを1時間22分45秒で走り、わずか4か月の練習で過去ベストを塗り替えることができました

 これまでの記録変遷は次の通りです。すべてハーフマラソンの記録になります。

【ハーフマラソン】

  • 2018年12月 ランニング本格始動
  • 2019年03月 1時間24分07秒
  • 2019年04月 1時間22分45秒
  • 2019年11月 1時間19分10秒
  • 2020年03月 1時間17分20秒
  • 2020年11月 1時間14分40秒 → 現在自己ベスト

 この通り、これまでは順調に記録が伸びてきています。練習が間違っていないことが証明されてきました。

■本ブログの存在意義

 学生時代に怪我による挫折を味わってから、社会人になって取り組み始めたランニングで、面白いように記録が伸びていきました。

 「怪我無く正しい練習を継続すること」

 この考え方が、記録を継続的に更新していくうえで最も重要であると考えています。

 客観的な根拠を持ったランニングの練習理論に基づいてトレーニングを積み重ねることで、陸上長距離種目未経験からどこまで速くなれるのかを試したいと思っています。

 自分自身、運動歴が長いので基礎体力はありますが、長距離種目に才能があるかと言われれば、特にないと思っています。身体的にも、エリートマラソン選手はどちらかというと小柄な選手(多くは170cm前半まで)が多い一方、私自身は180cm弱あり、統計的には不利です。

 また、仕事・家庭・子供を持ち、趣味に充てることができる時間はわずかしかありません。そのような環境でも、正しい練習を継続していくことで記録を伸ばすことができる、ということを自分の体を使って証明していきたいと思っています。

 本ブログの存在意義としては、練習内容や考え方、またはその手段を共有することで、いまから記録を伸ばしたいと思っている方の一助になればと思っています。

 できるだけ読者の方に有益な情報を渡すことができるように、確からしい事実や自身の経験に基づく、正確な情報発信を心掛けていきます。

自己ベスト更新論
広告
ランニングを科学する

コメント

タイトルとURLをコピーしました