ランニング・ジョギング用イヤホンのおすすめ【OPENMOVE(オープンムーブ)】

  • ランニング中に使えるワイヤレスタイプのイヤホンを探している
  • 耳に入れるタイプのイヤホンだと汗が入って不快
  • 走っても外れにくいイヤホンが欲しい

 ランニング中に使うイヤホンで、どんなイヤホンを使おうか悩む方は結構多いと思います。

 今回はランニング・ジョギング用イヤホンとして特におすすめしたいアフターショックス(Aftershokz、現在ではShokzに名称が変更)のオープンムーブ(OPENMOVE)を紹介します。

 オープンムーブは骨伝導スピーカーです。耳の中に入れずとも音楽を聴くことができるタイプのイヤホンとなっています。

 私自身は、社会人から本格的にランニングを始め、月500km程走る市民ランナーです。

 私自身はオープンムーブをランニング中に使用しており、耳の中に入れるタイプのイヤホンと比較して圧倒的に快適で、是非おすすめしたいと思いました。

 オープンムーブは製品ラインナップの中で最もコストパフォーマンスに優れる廉価なタイプではありますが、十分すぎる性能を持ちます。

 オープンムーブを付けた感覚や、外れにくさランニング中に使用した時の快適さ等を紹介します。

 本記事を読めば、ランニングで骨伝導スピーカーを使うメリットがよくわかると思います。

 私は、ランニングで使うイヤホンとして骨伝導スピーカーを強くおすすめします。その中でもOPENMOVEは特におすすめです。

広告

1.外観、使用感

 まず外観です。

 ボタンは全部で3つ付いており、全て物理ボタンとなっています。

 ワイヤレスイヤホンは、イヤホン本体をタップすること等で音楽の再生/停止、スキップ等をコントロールするタイプのものが多いです。

 走っている際中は意外と上手に操作することができませんし、誤動作させてしまうことも多々あります。

 オープンムーブはすべて物理ボタンとなっており、操作を間違えにくいことはメリットとなります。音量の操作、再生/停止等をほとんど間違えずに行うことができます。

 耳に装着している様子はこちらです。

 耳に引っ掛ける形で使用することになります。

 結構なスピードで走っても、イヤホンがずれてしまって困ったことはありません。例えずれてしまっても、ただひっかけているだけなので位置修正も容易です。

 本体を耳の中に入れないので、汗が耳の中に入ってしまうこともありません。とても快適です。

 ランニングをしていると、特に暑い時期はどうしても汗をかきます。

 私自身、Airpodsでもランニングをしたことがありますが、イヤホンと耳の間に汗が入り込み、イヤホンが外れてしまいそうになったり、濡れた感じがあってとても不快に感じます。

 骨伝導スピーカーであるオープンムーブはその点、耳の中に入れる必要が無いため、汗で外れる心配する必要がありません。

 また、骨伝導スピーカーである事のメリットとして、「周りの音がちゃんと聞こえる」ことです。

 耳に入れるタイプのイヤホンをしてランニングをしていると、後ろからきた自転車や車の音、人の話し声等が聞こえなかったりすることがあります。

 一方、耳に入れないオープンムーブは、ちゃんと周りの音が聞こえるため、安全性が高いと言えます。

 一度、ランニング中にオープンムーブを使い始めると、通常のイヤホンには戻れないくらい快適さを感じてしまいます。

重要ポイント
  • 操作はすべて物理ボタンであり、誤動作しにくい
  • 耳に入れずにひっかけて使うため、ずれにくく、汗が入らない
  • 周りの音が聞こえるため安全性が高い

2.操作方法

 簡単に操作方法を紹介します。

  • 電源ON/OFF:電源ボタンを長押し
  • ペアリングモード:電源OFFの状態から電源ボタンを長押し(電源ONよりも長く押す)
  • 音量調整:「+/-ボタン」

 ★マルチファンクションボタンの機能

  • 音楽の再生:1回クリック
  • 音楽の停止:1回クリック
  • 次の曲:音楽再生中にダブルクリック
  • 前の曲音楽再生中にトリプルクリック
  • 言語の変更:ペアリング中にダブルクリック
  • 通話の応答:通話中に1回クリック
  • 通話の終了:通話中に1回クリック

その他にもボタン操作がありますが、詳しくは公式HP(取り扱い説明書)をご覧ください。

3.私の使用シーン:スマホかガーミンランニングウォッチと接続

 私は普段、オープンムーブをランニング時に使用しています。

 オープンムーブはBluetooth接続でワイヤレスタイプです。

 使用方法としては、スマートフォンに接続して使用するか、ガーミンのランニングウォッチと接続して使用します。

 ガーミンのランニングウォッチはイヤホンとBluetooth接続することで音楽を聴くことができるタイプがあります。

 最近発売されたものの中ではガーミンフォアランナー255(ミュージックタイプ)がそれにあたります。

 スマートフォンを携帯するとなるとどうしてもランニングパンツにポケットが必要であったりしますし、汗をかいたときにスマホが濡れてしまったりします。

 スマートフォンを携帯していなくても音楽を聴くことができるので、携帯性が非常に高くストレスフリーです。

4.重要スペック

 オープンムーブのスペックの内、重要なものを紹介します。

■6時間のバッテリー持続、充電時間2時間

 6時間の音楽再生が可能です。これだけもてば、ランニングには十分ですね。

■IP55防塵・防水

 ランニングに必要な防塵・防水機能を備えています。

※IP55:
 ・防塵:塵埃の侵入を完全に防止できないが電子機器の動作には問題がない
 ・防水:あらゆる方向からのノズルによる噴流水機器が影響を受けない

■Bluetooth接続

 ワイヤレスイヤホンなので当然ですね。

 オープンムーブは最もコストパフォーマンスに優れる廉価タイプです。従って、機能も最低限のものに絞られていますが、スポーツ中のイヤホンとして活用するには十分すぎるスペックです。

■充電ポート形状はType-C(オープンムーブのみ)

 実は、Shokzの製品ラインナップの中で、充電口がType-Cであるのはオープンムーブのみです。

 他の専用充電口を持つ高級機と比較すると、充電時間で劣りますが、Type-Cであるがゆえに、他の電子機器と充電ケーブル等を共用化できる点がとても優れています。

 正直、この点は、オープンムーブのかなりの利点なのではないかと思っています。

5.改善点

 これまでで、オープンムーブの優れた点を述べてきましたが、唯一ひとつだけ、改善したら嬉しいなと思う点があります。

 それは、イヤホンと接続させる機器を変更するときに、前に接続していた機器と一旦接続を解除しなければならない点です。

 例えば、始めはPCと接続してオープンムーブを使用していたが、出かけることになり、スマホと接続させたくなった場合、一旦PCとイヤホンの接続を切ってから、スマホと接続させる必要があります。

 これが意外と面倒で、PC側での操作が必要だったり、オープンムーブの電源を一旦切ったりする必要があります。

※本情報は、アフターショックスで購入したオープンムーブの情報であり、現在、ショックスに変更となってからのオープンムーブで同様の操作が必要かどうかは分かりません。

※マルチペアリングモードとは別です。マルチペアリングモードとは特定の操作を行えば2機に同時接続可能な機能となります。

6.値段、購入方法

 Shokzの製品は、様々なチャンネルで購入することが可能です。

  • 公式ホームページ
  • Amazon、楽天、Yahoo
  • 他電化製品通販サイト(ヨドバシ、ヤマダ等)

 公式ホームページで購入するメリットは、「30日間はいかなる理由による返品も可能」である点かと思います。

 ただ、公式ホームページではセールが無くポイントも付かないため、安く買う方法としては適していません

 安く買うことを考えた場合、この中で最もおすすめしたい購入先は「Amazon、楽天、Yahoo」となります。

 理由としては、それぞれ特有のポイントが付くため、安く買うためにはこれらサイトを経由することが必要だからです。

7.オープンムーブの上級機種:オープンランの付け心地は良い

 Shokzの製品、特にスポーツ向けのイヤホンの中でオープンムーブはコストパフォーマンスに優れた廉価品となります。

 オープンムーブを含めたスポーツ用イヤホンの製品ラインナップは下記となります。

  • OPENRUN PRO(オープンランプロ)
  • OPENRUN(オープンラン)
  • OPENMOVE(オープンムーブ)
  • OPENSWIM(オープンスイム)

  オープンランプロが最もハイパフォーマンスな製品となります。使用されている素材、充電時間、バッテリー稼働時間等が向上しています。

 例えば登山など、オープンムーブではカバーできないバッテリー駆動時間が必要な場合などには適しているかな、と思います。

 私の友人がオープンラン(OPENRUN)を購入し、オープンムーブと付け心地を比較してもらいました。

 私自身もオープンランを付けさせてもらいましたが、フレームが細く作られており、付け心地も向上していました。

 予算が許せば、オープンランを選ぶと、快適さは向上すると感じました。

 ただ、できるだけ安く済ませたい場合にはオープンムーブで十分かな、とも感じます。

 スポーツ用のイヤホンとして最もおすすめな骨伝導スピーカー、ショックスのオープンムーブを紹介させていただきました。

 通常のイヤホンを使用しているが、もう少し快適に使えるイヤホンが無いかお探しの方、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

広告
ランニングギヤ
syu_hibiをフォローする
ブログ管理人
syu_hibi

初めまして、日比野就一と申します。
社会人からランニングを始めました。
理論に基づいたトレーニングで、
どこまで記録を伸ばすことができるか挑戦します。
トレーニング理論や
レース参戦記録を発信していきます。
自己紹介・記録変遷はこちら

★トレーニングメニュー作成サービスを始めました!
トレーニングメニュー作成サービスについて

★自己ベスト
 1500m 4:25(2022/08 公認)
 3000m 9:24(2022/06 公認)
 5000m 16:01(2022/09 公認)
 10000m 33:44(2021/12)
 Half  1:12:29(2022/03)
 Full  -

Twitter,Instagramではブログ更新情報、レース結果等を発信!

★広告等の掲載について
お力になりたいと思っておりますので、お問い合わせフォームよりご相談ください。

syu_hibiをフォローする
ランニングを科学する

コメント

タイトルとURLをコピーしました