【ペース表公開】LT(閾値)走のペース設定で「特異性」や「個別性」を出す方法

LT走(個別性・特異性)

※「ランニングを科学する」では、筆者の知識・経験のアップデートと共に都度改定を行っています。改訂履歴は記事の最後に記載しています。

こんな疑問を解消
  • 乳酸性作業閾値を高めるトレーニングって、20分間のLT走しかないの?
  • マラソンペースのトレーニングではLT値が向上しないの?
  • LT走を分割したクルーズインターバルでも、LT走と同じ効果が得られるの?

 フルマラソンに向けたトレーニングを行っているランナーの中で、「マラソンペースのトレーニングだとLT値は向上しないの?」と思っている方もいらっしゃると思います。

 私は社会人から本格的にランニングを始めた市民ランナーです。月500km程を走り競技志向でランニングに取り組んでいます。

 ハーフマラソンで1時間12分29秒程度の実力です。

 私自身も、乳酸性作業閾値(LT値)を向上させるため、継続してLT走に取り組んでいます。

 ここではLT走(ペース走)にバリエーションつけて、トレーニングの個別性や特異性を出すことについて記載していきます。

 LT値、LT走の詳しい説明は次の記事をご参照ください。

 結論から言うと、マラソンペースのランニングでもLT値を向上させることは可能です。

 本記事を読めば、LT値向上の原理を理解することができ、普段のトレーニング目的をより深く理解できるようになります。

目次

トレーニングの原理原則とLT走への応用

  一般的に、トレーニングが体に与える効果には、以下の原理原則が知られています。

原理
  • 「過負荷の原理」:一定以上の負荷を与えることで、機能が向上する
  • 「特異性の原理」:刺激した機能だけに効果が表れる
  • 「可逆性の原理」:トレーニングで得られた効果も、やめてしまうと徐々に失われる
原則
  • 「全面性」:全身バランスよく鍛えることが大事
  • 「個別性」:個人の特性や能力に合わせたトレーニングをする
  • 「意識性」:トレーニングをするときに意識の持ちようによって効果が変わる
  • 「漸進性」:運動強度を少しづつあげていく
  • 「反復性」:トレーニングは継続して行うことで効果がある

 この中で、今回は「特異性」及び「個別性」に焦点を当てていきます。

 LT走として市民ランナーに最も知られているのは、以下の通りです。

LT走としてよく知られているメニュー
  • Tペースで20~30分間のランニングを行うテンポ走
  • 割したインターバルで行うクルーズインターバル

 両メニューは、有名なダニエルズのランニング・フォーミュラに載っています。LT値を向上させるための代表的なトレーニングとして紹介されています。

 しかし、長距離種目は5000mからフルマラソンまで様々ある中で、設定ペースと走行時間がほぼ一択というのは、納得できない点ですよね。

 そこで今回は、LT走を幅広い種目に適用させるため、ペース設定と走行時間にバリエーションをつけ、トレーニングの「特異性」と「個別性」を出していこう、というテーマになります。

LT走におけるペース設定方法

 LT走におけるペース設定と疾走時間の決め方について考察していきます。

LT走におけるペース設定を変更することによる影響

 「LT走は、Tペース付近で疾走するから、乳酸性作業閾値を上昇させることができるのでは?」という疑問があると思います。

 結論としては「TペースにこだわらなくてもLT値を向上させることは可能」、です。

 以下の理由で、LTペースにこだわらなくてもいいことがわかります。

LT走で、Tペースにこだわらなくていい理由
  • 乳酸値が急激に上昇し始めるペースは個人差がある
  • 乳酸値が上昇し始める領域はある程度幅を持っている

LT値が向上する仕組み

 乳酸は、どんな強度の運動でも常に発生しています。運動強度によって乳酸の発生量に差が出ることになります。

 乳酸が発生すれば、乳酸をエネルギーに変える代謝は行われます。乳酸をエネルギーに変える反応をたくさん起こすことで、乳酸処理能力が向上し、結果的にLT値が向上します。

 具体的に、LT値を決める要素としては下記が考えられます。

LT値を決める要素
  • 脂肪をエネルギーとして変える能力
  • 発生した乳酸をミトコンドリアでエネルギーに変える能力
  • 中間型速筋繊維の発達

 脂肪をエネルギーに変える能力に長けていると、そもそも乳酸の発生量が少なくなります。乳酸は糖質をエネルギーとして代謝する際に発生する物質だからです。

 運動強度を下げることで脂肪をエネルギーとして使う割合は増えます。LT走のペース設定を下げると、脂肪をエネルギーとして使う能力の向上が見込めます。

 一方、乳酸が発生しても、それをエネルギー源として再び消費することができれば、血中乳酸濃度を下げることができます。この能力には、乳酸を運搬する速度乳酸を酸化する能力に分けられます。

 乳酸を運搬する速度乳酸を酸化する能力は、できるだけ乳酸を多く発生させることで最大限に働きます。

 LT走のペース設定を下げると、これらの効果は下がってしまうことが予想されます。

 注目したいのは中間型速筋繊維の存在です。別の記事で詳しく解説していますが、中間型速筋繊維は「速筋繊維」の力を発揮しながら「遅筋繊維」と同様にミトコンドリアを含みます。

 強い力を発揮すること、「糖質・脂肪・乳酸」を完全酸化し遅筋のような持続的なエネルギー産生を同時にすることができます。

 中間型速筋繊維は、速筋繊維と同様、運動強度を上げることで動員されますので、ペース設定を下げると、中間型速筋繊維への刺激量は減ることになります。

ペース設定を下げることによる影響を疾走時間でカバーする

 上記で説明した通り、LT走におけるペース設定を下げてしまうと、乳酸処理量の低下と速筋繊維への刺激量減少が発生します。

 このように、練習効率は確かに悪くなるのですが、代わりに刺激時間を増やすことで、ペース設定を下げることで落ちてしまった効果を補うことが可能です。

 LT走におけるペース設定を下げた場合は、疾走時間を伸ばすことで、本来LTペースで得ようとしていた場合と同様の効果を得ることを狙います。

ペース設定方法

 「LTペースで20分間走ることによって得られるLT値向上への効果と同等の効果を得るためには、どんなペースでどのくらい走ればいいのか」ということです。

 この疑問に対する確からしい回答を準備することができます。

 先日、gokkyさんがTwitterにて非常に貴重なデータテーブルをあげていらっしゃいました。

※gokkyさん作成。とても有用な情報でしたので、自己責任で転載させていただきました。

gokkyさん作成 VDOTペース表 上のリンクからExcelファイルがダウンロード可能です

 こちらの表で今回着目する点は、T-paceの列です。本表が意味するところは、「LTペースで20分走ることと同等の効果を得るのに、少し落としたペースでは何分走る必要があるのか」ということです。

 例として私自身のLTペースで見てみます。

 私自身のTペースは3:32/kmです。3:32/kmで20分間走るとTペースのテンポ走になります。

らんしゅー
Tペースに関してはVDOT Calculatorで計算することができます。

 では、「3:39/km」にペースを落とした場合、何分走れば十分な効果が得られるかというと、この表から「40分間」になります。

 同じ効果を得るための練習でも、ペースと走行時間にバリエーションをつけることができます

LT走を分割したクルーズインターバルの効果について

 LT走を分割してクルーズインターバルにすると、効果が落ちてしまうのではないか?と考えるランナーもいらっしゃると思います。

 結論としては、乳酸処理能力の向上という能力に関しては、20~30分間走り続けるテンポ走と、分割して行うクルーズインターバル走で得られる効果は変わらないです。

 理由としては、乳酸処理能力向上は、あくまでも発生して処理した乳酸量によるので、同じ距離や時間を走っていれば、発生する乳酸量はほぼ等しい、と言えるからです。

 しかし、テンポ走には、走り続けることで感じる「きつさへの耐性」が得られますし、レースでは結局走り続けなければならないため、よりレースに近い状況で練習を行える(=特異性)というメリットが明確にあります。

 本番のレースまであとどのくらいの期間があるのかなどを考慮して、自分に適切なLTトレーニングを行ってみてください。

LT走にバリエーションをつける目的:特異性と個別性

 では、LT走におけるスピードと走行時間にバリエーションを付けた場合、どのような効果が期待できるでしょうか。

 まず、トレーニングの「特異性」を出すことができそうです。一つ例を考えてみます。

 LTペースで20分間ランニングするのと同じ効果を得ようとした場合、マラソンペースまで落とすと、60分間のマラソンペースによるランニングが必要になります。

 この場合、「フルマラソン」に向けたトレーニングとして非常に「特異的」だと考えられます。

 単純に20分間のLT走よりも60分間のマラソンペースによるランニングで乳酸性作業閾値向上を狙った方が、フルマラソンの記録向上のためには良い効果が期待できる可能性があります。以下で簡単に理由を考察します。

 60分間のマラソンペースでのランニングでは、20分間のLT走よりも間違いなくグリコーゲンを消費した状態でランニングを継続することになります

 糖質を消費した状態で走ると「脂肪をエネルギー源として使いながら」走ることになるので、脂肪を使う能力を向上できることを見込めます。

 また、「個別性」を見出すこともできそうです。

 ランナーの皆さんにはそれぞれ得意・不得意があるだけでなく、練習できる時間や場所も人それぞれで(常に陸上競技場のトラックで練習できる人もいればそうでない人もいる)、年齢も性別も違います

 そのような中で、全員にとって、LTペースによるトレーニングが最も効果が高いと言い切ることも難しいと考えています。

 少しペースを落として長めに走ったりするバリエーションを取り入れることで、少し余裕を持ったランニングフォームで走り始めることもでき、結果的にトレーニングの再現性効果が上昇する可能性もあると考えています。

 狙っているレースに合わせてペース設定を変更したり、環境に合わせてペースや疾走時間を調整することで、LTへの刺激は維持しながら、「特異性」や「個別性」を出してトレーニング効果を高めることができると考えています。

まとめ

 今回はLT走のペースにバリエーションをつけて、「特異性」と「個別性」を出し、トレーニング効果を高めていく、という内容を紹介しました。ポイント事項をまとめます。

重要Point
  • LT値向上を目的とした場合、同じ効果を得るためであっても設定ペースと疾走時間にはバリエーションをつけることができる
  • 記録を狙った種目に合わせて「特異性」を出すことができ、より効果の高いトレーニングになりえる
  • 「個別性」も考慮することができるため、ランナー毎に違う特徴や置かれている環境に合わせて、トレーニング条件を変更できる

 いかがだったでしょうか。LTペースまではいかないが、一定のペースで走るトレーニングの「設定ペース」に悩んでいる方も多いかと思います。

 本記事を参考に、狙っている種目に合わせて、また、自分の特性に合わせて、LT走をアレンジしてみてはどうでしょうか。

参考文献:

著:ジャック・ダニエルズ, 監修:前河洋一, 翻訳:篠原美穂
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
お知らせ
丸形プロフィール画像

Instagramを始めました!

血中乳酸濃度と心拍数を測定しながら、怪我せず「楽に」速くなるトレーニングを追求します。

【トレーニング記録やレース結果】など、
ブログでは伝えきれない内容も発信しています!
ぜひ訪れてみてください^^

お知らせ
丸形プロフィール画像

Instagramを始めました!

血中乳酸濃度と心拍数を測定しながら、怪我せず「楽に」速くなるトレーニングを追求します。

【トレーニング記録やレース結果】など、
ブログでは伝えきれない内容も発信しています!
ぜひ訪れてみてください^^

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次