2021/03/26【龍北ディスタンス出場見送り】今後の方針と目標-rev.3

 怪我明け復帰後、目標にしてきた3月28日の龍北ディスタンス(5000m)は出場を見送ることにしました。

 かなり気合を入れて高負荷トレーニングを積んできたこともあったので、自分自身としては残念です。

広告

1.出場見送り理由

出場見送り理由は下記となります。

  • かなりの悪天候が予想されていること
  • テーパリングしきれなかったこと(ギリギリまで負荷が高いトレーニングを行ってしまった)
  • スパイクに慣れていないこと
  • 自己ベスト16分20秒と同等タイムを狙っていた(ほぼ力を出し切らないと達成不可能)
  • 記録を狙った出場である事

 今回、悪天候を押して出場したところで、記録が出ないばかりか、無理をして走ることで怪我につながる可能性もあります。自己ベスト16分20秒の再現を考えており、厚底での出場も辞さないつもりでしたが、雨が降っているとタータン表面がスリッピーになり、うまく走れません。

 自己ベスト同等の記録が出ないことで、精神的にもよくない影響が考えられ、強行出場のメリットが無いと判断しました(実は、直前までエントリーせずに様子見していました)。

2.現状の立ち位置

 怪我復帰後、インターバルトレーニングとロングランを順調に消化し、1週間前のショートインターバルトレーニングにて、ほぼ怪我直前レベルへの復帰判断をしました。

 しかし3日前、スパイクでの6000mLT走で設定を外してしまい、本当に怪我前レベルまで復帰できているのか、断定できなくなってしまいました。

 また、別記事で2021年3月の振り返りを行おうと思っていますが、怪我復帰後は【インターバル走、LT走+ロングランのセット練】という組み合わせでトレーニングを組み立ててきました。実は、この強度、怪我前でさえも行ってこなかった強度の高さです。

 そのおかげか、パフォーマンスの回復こそ早かったものの、ここにきて節々に疲労を感じてきています。

3.今後のスケジュール

 愛知県の陸連登録が遅れてしまったこともあり、4月に出場できる大会も減ってしまいました。以下が修正後の計画です。

年月日目標結果
(VFN%換算)
目標大会
現状(2021/3/26)怪我前レベル(VDOT63_VFN%換算)への復帰VDOT63.0ほぼ目標達成
~2021年5月5000m_16分切りインターバル
LT走
ロングラン
4月18日
刈谷市記録会
5月22日
春季薄暮記録会
~2021年7月フルマラソンに向けた脚づくりロングラン
LT走
~2021年8月秋以降のスピード練習への移行期レペティション
ロングラン
~2021年10月5000m-15分切40秒切りインターバル
LT走
ロングラン
名古屋地区選手権
2021年11月フルマラソントレーニングへの移行期LT走
Mペース
ロングラン
金沢フル
東海市ハーフ
2021年12月フルマラソン_2時間35分LT走
Mペース
ロングラン
豊橋フル(あれば)
2022年1月スピード再養成期インターバル
Mペース
ロングラン
2022年2月~3月フルマラソン_2時間30分LT走
Mペース
ロングラン
犬山ハーフマラソン
フルマラソン大会

 春シーズンの記録を狙った最終戦は5月22日の春季薄暮記録会(刈谷市)に今のところ決めています。そこで16分を切り、次シーズンに弾みをつけたいところです。

4.今後のトレーニング計画

 基本的には【インターバル、LT走+ロングラン】の構成は変えないでトレーニングを進めていきます。

 ただし、5000mレースに向け、インターバルトレーニングではスパイクを使用し、LT走の距離は6000m~16000mまで幅を持たせようと思っています。LT走が長めの距離になる場合は、翌日のロングラン距離を調整し、怪我予防に努めます。

 春シーズンは走行距離を増やしすぎず、調子を維持しようと考えています。少なくとも、5000mで記録を出すにあたっては、長い距離を走りこむ必要はない(120分以上のジョグ)と考えます。

広告
Plan & Target
ランニングを科学する

コメント

タイトルとURLをコピーしました