Garmin(ガーミン) 無音アラーム(目覚まし)の設定方法

 こんにちは。管理人のsyu_hibiです。

 市民ランナーの皆さんで、例えば、こんな悩みを持っている方はいないでしょうか?

「早朝練習をする時、家族に迷惑をかけずに自分だけ起きたい」

 自分一人で寝る場所が確保できている方であれば、多少の音や振動が鳴り響いても問題にならない可能性が高いですが、すぐ隣で妻や子供が寝ている家庭であれば、やはり気にするところだと思います。

 スマートフォンのアラーム機能を使うと、サイレントモードにしていても、ある程度の振動音が響いてしまいます。もっと寝ていたい家族を起こしかねないです。

 そんな時に活躍するのが、腕時計の無音アラームです。ガーミンの腕時計には、目覚まし機能が備わっており、音と振動どちらも出すことができます

 腕時計をはめて振動だけの目覚ましにすると、振動した際の振動音はほとんど自分にしか聞こえません。その結果、家族を起こすことなく自分だけ起きて活動することができます。

 本記事では、そんなガーミンの無音アラーム設定方法を紹介していきます。

広告

1.ガーミンコネクト(スマホアプリ)で設定

 腕時計のアラーム機能は、スマホアプリであるガーミンコネクトでの設定が必要です。まずはご自身のスマートフォンにガーミンコネクトをインストールしましょう。

 ガーミンコネクトアプリでの設定方法を紹介していきます。

 まず、アプリを開いて「詳細」>>「Garminデバイス」を選択します。次の画面で、アラームを設定したいウォッチを選択します。

 ウォッチを選択した後の画面で「サウンド&アラート」を選択します。続いて画面で「アラーム」を選択します。

 続いての画面で、「アラームの作成」を選択します。もし、過去に作成したアラームを編集したい場合は、作成したアラームを選択することで編集することが可能です。

 アラームの設定画面では、「時間・音/バイブ・曜日」を選択することができます。まず時間ですが、時間をクリックすると、アラームを鳴らす時間を設定できます。

 続いて「音/バイブ」の選択です。以下の中から選択することが可能です。

  • トーン:音のみ
  • 振動:振動のみ
  • トーンと振動:音と振動

 最後にアラームを使う曜日を選択します。曜日を選択出来たら、「追加」ボタンを押すことで、今回編集したアラームが追加されます。実際に腕時計で使いたいアラームにはチェックが入っている必要があります。下右写真のように、チェックを入れてください。「<」を押して戻ります。

 続いての画面で再び「<」を押します。そうすると、デバイス設定~というメッセージが現れるので、「OK」を押します。

 最後に注意しなければならない点は、アラームの設定が終わったのち、スマホと腕時計を同期させる必要がある事です。同期させて初めて、設定したアラームを使うことができます。

実際にアラームが鳴ったときの画面を次に示します。「START・STOP」ボタンを押すことでアラーム停止「DOWN」ボタンを押すことでスヌーズ機能開始(一定時間後に再びアラームが鳴る)となります。

2.無音アラームが使えるシーン例

 腕時計自体が無音で振動することによって、「音は出ないが自分だけ気が付くことができる」ことが最大のメリットです。この「無音アラーム」が有用な場面は次のような時です。

  • 隣で寝ている家族を起こすことなく、自分だけ起きる時
  • 電車内で音は出したくないが、目的の駅に着く前にアラームで気が付きたいとき

 私自身、共働きであり、家事育児を万遍なくこなす必要があるため、今のところ早朝しか走る時間がありません。そのような中、家族を起こすことなく、毎日決まった時間に起きることができるガーミンのアラーム機能は非常に重宝しています。

 また、電車等、音を鳴らすことは憚られるが、うとうとして乗り過ごすことを避けたい時等に、さっと設定すれば、アラーム機能を有効に使うことができますね。

 いかがでしたでしょうか。「家族に迷惑をかけないよう起きる方法はないかな?」と悩んでいる方が居ましたら、是非参考にしてみてください。

 ガーミンの腕時計は、他にも「ワークアウト機能」等、ランニングを快適に行うには非常に有用なランニングウォッチです。光学心拍計・GPSも備えているため、ランニングに必要な情報は一通り得ることが可能です。

 もし、まだこのようなランニングウォッチを持っていない方がいれば、是非購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました