【フューエルセルレベルv4 レビュー】安定性とクッション性で中強度のトレーニングに最適

フューエルセルレベルv4アイキャッチ

※「ランニングを科学する」では、筆者の知識・経験のアップデートと共に都度改定を行っています。改訂履歴は記事の最後に記載しています。

こんな疑問を解消
  • ニューバランスのフューエルセルレベルV4が気になっている
  • フューエルセルレベルv4はどんな使い方がおすすめ?
  • フューエルセルレベルv4のサイズ感、耐久性が知りたい

 ニューバランスのフューエルセルレベルシリーズは、市民ランナーの間でとても人気があるシリーズのランニングシューズです。大幅にアップデートされたレベルV4が気になっている方も多いのではないでしょうか。

 私は社会人から本格的にランニングを始めた市民ランナーです。月500km程を走り、競技志向でランニングに取り組んでいます。

 本記事は、ニューバランスのフューエルセルレベルv4を実際に購入して、使用した後に作成しているレビュー記事になります。

 この記事を読めば、フューエルセルレベルv4の履き心地や推進性、耐久性や重さがわかります。また、私が履いた感覚から、どんなシーンでの使用がおすすめか、についても紹介します。

目次

フューエルセルレベルv4を購入した理由

フューエルセルレベルv4アイキャッチ

 フューエルセルレベルv4は、前から注目していたシューズでした。

 私自身、厚底カーボンシューズを多用したことで臀部の故障を発生させてしまった経験から、厚底カーボンシューズを使わないトレーニングを増やしています。

 現在使用しているノンカーボンシューズは、ブルックスのハイペリオンマックスです。ノンカーボンにしてはかなりの推進力があり、とても使いやすいシューズです。

 しかし、ハイペリオンマックスが寿命に近づいてきたこともあり、次のシューズは別のものにしようと決めていました。どうせ履くなら、色々なシューズを履きたいと思っているためです。

 そこで注目していたのが、ニューバランスのフューエルセルレベルv4とアディダスのアディゼロSL2です。

 最初はアディダスのSL2にしようと思っていました。値段も手ごろで、発売日後すぐでも楽天などでは1万円とちょっとで購入できそうだったためです。

 しかし、楽天のセールを見ていたところ、フューエルセルレベルv4が実質1万円以下で購入できることが判明。思わずフューエルセルレベルv4を購入してしまいました。

履き心地・推進性・反発性

フューエルセルレベルv4屋外

 履き心地はかなりいいです。

 履き心地はいろいろな表現の仕方があると思いますが、足を入れた時のアッパー素材の硬さも適度で、フィット感も高いように感じます。

 シュータンはかなり薄く作られていて、軽量化されていることがわかります。

フューエルセルレベルv4シュータン

 シュータンがシューズと一体化されていて、足が包まれたような感覚になります。

フューエルセルレベルv4 シュータン一体化

 実際に履いて歩いてみると、クッションのふかふかを感じます。特にかかとが柔らかく、「安定感は大丈夫かな??」と不安に思うくらいです。

 実際に走り出してみると、クッション性の柔らかさをあまり感じなくなり、適度な硬さの接地感覚と安定性を感じました。

 一方で、推進性はあまり強く感じません。素材の影響なのか、ミッドソール素材自体のバウンド感も強くは感じません。

 ミッドソールの素材を触った感覚から、厚底カーボンのようなバウンド感を感じるのかな?と思っていましたが、まったくその想像とは異なりました。

 ただ、踏み込んだ時のクッション性は高いです。分厚いミッドソールからは想像できないレスポンスの速さがあり、流しのような高いスピードのランニングでも十分な反発をもらうことができました。

 これまでに自分が履いたシューズの中で最も感覚が近いのがナイキのペガサスターボ2です。名品と言われながらすでに廃盤になってしまったモデルです。

 ペガサスターボ2と比較すると、少し推進性が劣るかな、という感覚です。なぜこのように感じるのかはよくわからないのですが、スペック上異なる点としてはドロップの数値です。

 ペガサスターボ2は8mmドロップであるのに対しレベルv4は6mmドロップです。この違いが前への推進性に差を生んでいるのかもと思いました。

 ただ、フューエルセルレベルv4の方がスピードは出しやすいと感じます。ドロップが少ない分、踏み込んだ時に溜めることができる時間がないので、スピードが出しやすいのかもしれません。

 ある程度強い力で踏み込むことができれば、性能を発揮できそうな印象です。

サイズ感

 私自身の例でサイズ感を紹介します。

 私は普段、ほとんどのランニングシューズで27.5cmを使用しており、フューエルセルレベルv4も27.5cmでジャストフィットでした。

 足の長さ的にもぴったりです。横幅は比較的広めであるように感じました。他のメーカーのシューズで言うと、アシックスのノヴァブラスト4と同程度の幅だと思います。

 ナイキのシューズよりは、幅が広めにできていると思います。

耐久性・寿命

 ミッドソールとアウトソールの寿命は、私自身で使用していき、都度更新します。

新品の状態

 ミッドソールの状態

フューエルセルレベルv4アイキャッチ

 アウトソールの状態

フューエルセルレベルv4アウトソール新品

重さ

 27.5cmを実測してみると、216gでした。ブルックスのハイペリオンマックスとほぼ同じ重さです。

 見た目のゴツさからは考えられないくらい軽量です。

フューエルセルレベルv4重さ

おすすめ使用用途

フューエルセルレベルv4使用用途

 フューエルセルレベルv4の最も良い点は「クッション性の高さ、程よい推進力と安定感」だと感じています。現在私自身が所持しているシューズで最も用途的に近いのがハイペリオンマックスです。

 ハイペリオンマックスと比較すると、推進性が控えめです。フューエルセルレベルv4は「速く走りたい」ことを実現するシューズではありません。

 クッション性の高さと安定性が高いことと適度な推進性で気持ちよく走れることを活かして中強度以下のトレーニングを大ボリュームでこなしていく、という用途に合っていると思います。

 私は、フューエルセルレベルv4以下の用途で使用します。

フューエルセルレベルv4の使用用途
  • 速めのジョグ(モデレート強度)
  • ロングラン(Easy~モデレート強度)
  • LTインターバル、ペース走(スイートスポットトレーニング)

 厚底カーボンシューズと比較すると、推進性はかなり控えめに感じます。クッション性が非常に高く接地時の安定性が高いため、ジョギングからLT強度のインターバルトレーニングまでの範囲が適切なシューズだと感じました。

 一方で、Tペースでのペース走やVO2maxインターバルなど、ある程度タイムを求めたトレーニングで使うには、少し推進性が足りない感覚です。

 これらのトレーニングでは厚底カーボンシューズでしっかりペースを維持したほうが良いと感じました。

おすすめ購入方法

 フューエルセルレベルv4は、ニューバランスの公式HPや、Amazon・楽天・Yahooなどの通販サイトで購入することができます。

 私自身は楽天市場で購入しました。セールでの割引とポイントの付与で実質1万円以下で購入することができました。

お知らせ
丸形プロフィール画像

Instagramを始めました!

血中乳酸濃度と心拍数を測定しながら、怪我せず「楽に」速くなるトレーニングを追求します。

【トレーニング記録やレース結果】など、
ブログでは伝えきれない内容も発信しています!
ぜひ訪れてみてください^^

お知らせ
丸形プロフィール画像

Instagramを始めました!

血中乳酸濃度と心拍数を測定しながら、怪我せず「楽に」速くなるトレーニングを追求します。

【トレーニング記録やレース結果】など、
ブログでは伝えきれない内容も発信しています!
ぜひ訪れてみてください^^

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次