2021/02/27 LT走 6km 3:35/km:VDOT61.5(ZFFK)

広告

1.概況とトレーニングの狙い

 膝故障明け3回目のポイント練習。本日はLT値の回復と現状の詳細把握がトレーニングの目標。

 今日はもともと、5000mのタイムトライアルを予定していたが、予定が合わず走れなくなったので、いつも通り起床直後のLT走へと変更した。

 前回のLT走(2/23)ではVFN%を使用してVDOT62相当の設定ペースでこなすことができた。その結果を踏まえ、今回はヴェイパー以外の靴を使用しVDOT61.5相当のメニューを設定。

 LT走 6km 3:35/km:VDOT61.5(ズームフライフライニット)

 ※VFN%=ヴェイパーフライネクスト%。個人的に、VFN%を使用するとVDOTで+1の影響がある。影響のは個人差があると思います。

2.結果と振り返り

 Result:6000m-3:35/km(VDOT61.5)

 気温が低く、風も非常に強い状況であったため、ポイント練習を行う環境としては良くなかったが、何とか設定通りにこなすことができた。

 ただ、最後走り終える時はかなりきつい状態まで追い込まれた。きつさの感覚としては、5000mの自己ベストを出した直後に行ったLT走(2020/12/2)と同程度。その時も今回と同じズームフライフライニットを使用していた。タイム比較をすると、

  • 今回(2021/2/27) 6000m 3:35/km(VDOT61.5)ZFFK
  • 前回(2020/12/2) 6000m 3:31/km(VDOT63.0)ZFFK

 2/23に行ったトレーニング結果では、現状のVDOTが62~63(VFN%換算)の間にあると判断していたが、さらに詳細に把握することができた。

現在のVDOT:62.5(VFN%換算)

3.今後の方針(今日の結果を踏まえ)

 故障明けから本日までは、LT値の回復と現状把握を目標にトレーニングを進めてきた。結果としてVDOT62.5(VFN%換算)である事が分かった。

 明日以降は、3月末から5月にかけて開催されるであろう5000mのレースに向けて、トレーニングを積んでいくフェーズとしたい。ただし、5000mへの出場はあくまでフルマラソンを見据えた通過点として捉えているため、ロングジョグ等、フルマラソン向けのトレーニングを織り交ぜていく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました