2020年10月 LT走 トレーニング振り返り

 2020年10月は、LT走をTotalで4回実施。
 11月1日のハーフマラソンレースに向けて、LT走中心のメニューを組んでいる。
 結果としては、3:31/kmあたりを超えると、途端にきつくなってくるため、10月末時点でのLペースは3:31/km。

広告

10/14 6km 3:30/km シューズ:ヴェイパーフライネクスト

3:27-3:27:3:29-3:29-3:32-3:32 ave.3:30

 後半きつくなり、徐々にビルドダウン・・・
 LT走のペースとしては、速すぎた。
 ダニエルズのランニングフォーミュラによると、「30~40分我慢できるきつさが適切」と書いてあるが、今日のLT走を走りきる時にはすでに我慢できないほどであった。
 LT走の狙いは、乳酸からエネルギー産生できるギリギリの領域を引き上げる狙いがあるため、速すぎると効果が薄れてしまう。次のLT走ではラップタイムを2~3秒程度落としてみる。

10/21 7km 3:31/km シューズ:ヴェイパーフライネクスト

3:33-3:31-3:31-3:29-3:29-3:33-3:26 ave. 3:31/km

 9月頭からは3:30/kmを切るくらいのペースでLT走を行っていたが、走り終わるときフォームが意識できないくらいきつく感じており、LT走の狙いから外れていると思ったので、設定ペースを2~3秒落として実施。
 狙い通りにトレーニングを終えることができた。フォームも最後まで維持でき、走り終えるときにも余裕があった。距離も7kmまで伸ばすことができた。振り返ってみると、年初ハーフマラソンで1時間17分程度で走った時のLT走は3:37/km程度。その時と比較すると、およそ6秒/km程度は速くなっている。

10/25 6km 3:31/km シューズ:ヴェイパーフライネクスト

3:31-3:29-3:33-3:30-3:30-3:32 ave. 3:31/km

 同週2回目のポイント練習。4日前にLT走7kmをやったが、ハーフマラソン直前ということで、今日もLT走。7kmにしようと思って走り出したが、LT走後に友人のペーサーをやることになっていたので、6kmまでで終えた。
 LT走後には、200m流しを4本。
 4日前のLT走では意図的に2-3秒タイムを落として(3:29/km→3:31/km)、いい感じに走れたので、同じ設定タイム3:31/kmで実施した。いつもとコースが違うこともあって水曜よりはきつさを感じた。でもあと1kmは行ける余裕はあった。調子は上がってきている。
4日前と今日のLT走から考えると、明確に3:31/km前後にLT値がありそうだ。

10/28 6km 3:31/km シューズ:ヴェイパーフライネクスト

3:33-3:33-3:31-3:26-3:30-3:31 ave.3:31

 ハーフマラソンレース直前最後のポイント練習。ヴェイパーフライネクストでレースペースを走るトレーニングの頻度を上げ、出来るだけレースの再現をとれるようにした。
 目標通りのタイム。きつ過ぎずのペースで終えることができた。
 レースでは3:33/km、1時間15分切り狙い。LT走よりは若干ペースを落とすことができる。夕飯と朝ごはんを食べず寝起きの状態ですら目標ペースよりも若干速いタイムで10km弱は行けそうな感じを考えると、無理のない目標設定なのかなと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました